高倉健さんの養女・小田貴(貴倉良子)の現在…没後3年で明らかになった養女の素顔と養子縁組の謎…

玩游戏 2019-05-08

「高倉健さんの養女・小田貴(貴倉良子)の現在…没後3年で明らかになった養女の素顔と養子縁組の謎…」 小田剛一。これは高倉健(享年83)の本名。しかし、その本当の読み方を知る関係者は少ないと言われている。

普通に読めば オダゴウイチ

古くから付き合いのある映画人や学生時代からの旧友なども親しみを込め剛の一字をとって「ゴウちゃん」などと呼んでいたようです。

面倒だからか当の本人も否定しなかった。
しかし、血のつながりのある近親者は名前をそうは呼ばず、 タケイチと呼ぶ

突然現れた養女の謎

2014年11月10日の死後、莫大な遺産の相続人として突然現れた養女は小田姓を名乗るようになった。

戸籍上の娘となった女性が小田貴(52)である。

約40億円といわれる遺産全額をこの 養女が相続したとの報道が伝えられました。

入籍の申請書類には父娘それぞれの氏名や住所が記されています。
しかし、本名の剛一のふりがな欄に書かれていたのは タケイチではなく、ゴウイチだった

正式な入籍書類で誰がそんな『間違い』を起こしたのか。親族たちは合点がいかず、今も首を捻っている。

小田貴は事実上の妻として高倉健と同居してきた。彼女は その死を親戚にも知らせず、
火葬場で密葬を取り仕切って不信を買います

高倉健の実妹をはじめ6人いる甥姪たち近親者でさえ、 誰も彼女の氏素性を知らず、いまだ会ってもいないようです。

小田貴(貴倉良子)の素顔

生涯収入100億円、8億円相当の不動産や30億円の金融資産など 40億円以上といわれる遺産を全て相続した彼女は以来、
高倉健の著作権を管理する高倉プロモーションの社長におさまり、様々なイベントを仕掛けてきた。

映画のロケ地となった所縁の地を訪ねたり、遺品の刀剣を長野県坂城町に寄贈してきたほか、今年11月からは東京ステーションギャラリーを皮切りに
全国の美術館を巡る高倉健の追悼特別展を企画している。

その一方で彼女は表舞台に立たず、高倉健の没後すでに2年目を迎えてなお存在自体が謎めいている。

今もって二人の出会いから暮らしぶり、遺言内容にいたるまで明らかになっていない。

彼女には貴倉良子という芸名で女優やテレビレポーター活動をしていた時期もあるが、
その後、ホテルジャーナリストに転身した。

高倉健と知り合ったのがホテルジャーナリスト時代の90年代後半。

彼女を引き合わせた人物については例えば北海道や都内の有名すし店の店主などの名前が囁かれたが、これも実態は判然としない。

自動車のエンジニアや理髪店主など高倉健と四六時中行動をともにしていた通称 チーム高倉のメンバーも二人の出会いを知らない

養子縁組の謎

內容未完結,請點擊“第2頁”繼續瀏覽。


加入好友,隨時分享有用經驗!
搶先看最新趣文,請贊下面專頁

喜歡就加line好友!!!

添加好友
點擊關閉提示